いそちゃんねる

いそのブログ

多忙でも趣味と金に生きる

【感想】五等分の花嫁最終話

遂に五等分の花嫁も122話で最終話を迎えました。

最初に言っておきますが、四葉を最初から推してきた私としては感無量、最高の最終回でした。

という訳で今回もおおまかなあらすじと感想を書き殴っていきます。

 

 

ちなみに先週の121話の感想はこちらから。

 

isoisogingin.hatenablog.com

 

最終話あらすじ

 



f:id:isoisogingin:20200219012430j:image

「五等分の花嫁」122話

 

冒頭は結婚式の披露宴で風太郎がマイクを持って話始めるところから。

回想で、前回最後の「五つ子ゲーム」へ。

 

さすがの風太郎もウエディングドレスを遊びで着るなんて、と驚きを隠せない。

 


f:id:isoisogingin:20200219012126j:image

「五等分の花嫁」122話

 

最初に指を指したのは……というところで再び披露宴に戻り、

今度は四葉がお色直しで単行本10巻の表紙の衣装を身にまとう。

 

四葉のスピーチは父、マルオへの感謝と姉妹への感謝から始まります。

 


f:id:isoisogingin:20200219012227j:image

「五等分の花嫁」122話

 

そして風太郎が最初に指を指したのは一花でした。

もちろん一花と分かった上で当てた模様。

そして、風太郎は次々と順に二乃、三玖も当てていきます。

 

当てていく際に一人一人にコメントする部分に風太郎の成長を感じますね。

 

そして、お前が五月だと五月を指さすものの、

「え?」

「え?」

と気まずい状況に。

しかし、それも五月の変装でした。

 

という訳でしっかりと風太郎は姉妹を一人一人見分けることが出来ました。

 

風太郎と四葉は披露宴を終わった後に一息つきます。

そして風太郎は結婚式のキスで五年前の鐘でのキスを思い出した、と言います。

 

それに対して四葉は微笑みます。

そこに四葉の忘れ物としてリボンが届けられますが、四葉は捨てるようにお願いします。

 

風太郎の「いいのか?」という言葉にも

自信を持って「もう見つけてくれる人がいるから」と返します。

 


f:id:isoisogingin:20200219012156j:image

「五等分の花嫁」122話

 

そして四葉風太郎に対して、

「もっと伝えたいことがある」

と言いながら、二人で会場の外に出ます。

 

すると、外には他の姉妹が座って待っていました。

どうやら、新婚旅行にもついてくるようです。

 

卒業旅行のことを思い浮かべ、そして風太郎は呆れるのでした。

 

 

最終話感想

 

いやほんとうに感動ものです。

構成としては、四葉風太郎それぞれの姉妹に対する想いが描かれていましたね。

 

前話で風太郎とマルオの話があり、それに重ねて四葉のスピーチもマルオへの感謝から始まったのも印象的でした。

 

そして回想としての風太郎から姉妹への想いと現在の四葉のスピーチでの姉妹への想いを語っていくというとてもエモい構成でしっかり結婚式まで姉妹全員にスポットが当たっており、風太郎の成長や今までの関わりの深さが窺えて感動してしまいました。

 

しっかりと五人全員にあった愛

 

これは先程も述べましたが、風太郎が全員を見分けたということは、それだけ愛をもって全員に接していたということを示します。そのことについて詳しく書いていきます。

 

isoisogingin.hatenablog.com

isoisogingin.hatenablog.com

上に挙げたような記事で前から予想していましたが、

無事、当たりましたね

やっぱり風太郎です。やってくれます。

 

そもそも、姉妹の母の話で四葉曰く「愛があれば見分けられる」と言うテーマがありました。そして風太郎は花嫁として四葉を選びました。では、それ以外の四人に対しては愛情を持っていなかったか。その答えは必ず「NO」と言えるでしょう。愛情と恋心は必ずしもイコールではありません。愛情が無ければ、大切に思っていなかったら風太郎はあれほど全力で姉妹に向かってこれなかったでしょう。

 

物語中盤で、風太郎は姉妹を卒業させるだけではなく、「夢」を見つけてやりたいと考えます。それぞれが夢を見つけ、最後に四葉が「花嫁」という夢を思い出すことで全員の「夢」を見つけたことになりますが、果たして愛情のない相手に「夢」を見つけてほしいと思うのか。

 

この途中での変化こそが風太郎の姿勢の変化であり、成長であります。

だからこそ風太郎も物語中盤から姉妹を見分けられるようになっている描写はありました。でもこうやって一人一人はっきりと見分けてくれると、読者としても嬉しくて仕方ないです。三玖みたいに飛びつきたい気持ちですね。 

 

四葉の鎖からの解放

 

もう一つ、注目したいことが四葉の「鎖」の描写です。

これに関しては、姉妹への負い目やブランコの描写、そして他の姉妹と区別するためのリボンがあります。

 

まず姉妹への負い目です。

これに関しては、風太郎から告白された後に四葉はそれぞれの姉妹と話す形で乗り越えています。風太郎の告白を受けたいものの、他の姉妹には自分を救ってくれた負い目もあるし、それ以上に単純に姉妹もみんな好きだ、という中での葛藤が描かれていましたが、二乃との衝突や三玖との話で解決しました。

 

次にブランコです。

これは直接的ではなく、間接的に物語の所々に散りばめられていた描写ですね。始まりは勤労感謝ツアーの四葉が落ち込んだ時にブランコにのるという事に始まり、四葉風太郎と高校で会うも正体をばらせないときの葛藤も、ブランコの揺れや鎖で表現されていました。また、風太郎自身も以降、ブランコを意識している(四葉を意識している)シーンがあります。これに関しては120話で風太郎がプロポーズするまえ、ブランコから飛び出そうとするときにブランコの鎖が引きちぎれることがその鎖を破壊したことを示しています。

 

最後にリボンです。

これは四葉が、風太郎が四葉と一花を勘違いするのを見て見分けられるようにとリボンをつけ始めたことから始まります。以降四葉は他の姉妹よりも優れていようとしますが、勉強は上手く行かず、スポーツの成績に驕り退学処分となってしまいます。またこのリボンから姉妹の個性がそれぞれ前に出るようになったと考えられます。

大切なのは「風太郎にまた間違われないように」リボンをつけ始めたということです。

そして五つ子ゲームを通して、風太郎はもう間違わないことを証明してくれました。これでようやくリボンも必要なくなりました。

 

このように四葉に関してはいくつも暗い、自分を縛るような描写がなされており、それらをことごとく物語を通して破壊していった。物語の始まりは修学旅行で風太郎に勘違いされたことに始まり、物語の終わりにそのリボンを外す。

完璧か

ねぎ先生完璧すぎるよ。漫画の中に散りばめられた小説のような細かい表現。

勿論そこにはそれぞれのキャラクターの想いがこめられていて、ブランコにしてもリボンにしても四葉の想いがあるんだなと改めて感じました。

 

最後に四葉風太郎に対する「他にもいろいろ話したいことがある」という台詞は過去バレや高校で見かけてからずっと好きだったという想いを明かすことであるとキュンキュンしてしまいますね。

 

これにて今週は終わります。

感想などブログやTwitterでいただけると嬉しいです。

 

 

【感想】五等分の花嫁121話

はい、どうもいそです。

今週も五等分の花嫁の感想と考察いきます。

 

いよいよラスト2話ですね。

 

そして今回の記事は以前に私が書いた記事との答え合わせ的な感じになってしまいます。よろしければこちらの記事もご覧ください。

isoisogingin.hatenablog.com

 

今回の目次です。

 

121話あらすじ

 

扉絵でもう感動する。


f:id:isoisogingin:20200212000258j:image

「五等分の花嫁」121話

 

冒頭は一花が帰国し、五月と会うところから始まります。

その手には四葉風太郎の結婚式の手紙がありました。

 

どうやら一花は女優として、五月は教師としてそれぞれ道を歩んでいるそうです。

 

二人が向かった先は二乃と三玖が経営するカフェでした。

こちらもそれぞれ夢を形にしているそうです。

一花からお店を紹介しようかと言われるものの、風太郎の父から紹介してもらったし、常連さんもついてきたし、もう少し自分たちで頑張ってみたいと。

 

そして最後に登場したのは汗びっしょりの四葉です。

髪伸びてますね。(以前の未来の集合写真と同じく)

 

どうやら四葉は自転車を漕いできた様子。

四葉はすっかり「風太郎」呼びです。

 

姉妹は結婚式で何かを計画しているようです。

四葉が「本当にやるの?」と確認するものの、二乃から乗り気だったとツッコミが入ります。

 

そして、二乃が代表として母の形見であるピアスをプレゼントします。

そして、そのまま四葉のピアス穴貫通式へと。

舞台は式場へと変わります。


f:id:isoisogingin:20200211235449j:image

「五等分の花嫁」121話

 

場面は変わり風太郎とマルオの場面。

君にお義父さんと呼ばれる筋合いはない、とお決まりの流れ。

 

その会話の中で、風太郎は自分の父やマルオのように一生をかけて一人の女性を愛することを誓います。

 

上杉父とマルオが二人で風太郎が居なくなってから話すあたりも仲の良さが窺えました。

 

そして、風太郎は花嫁の場所へ行きます。

他の姉妹も来てるみたいだ。一体何を企んでいるのか、と言う風太郎。

カーテン越しの四葉は私も含まれているのか、と聞き返します。

「お前が一番問題児だった」と風太郎。

 

「お待たせ」という言葉とともに現れたのは、花嫁姿をした5人でした。


f:id:isoisogingin:20200211235352j:image

「五等分の花嫁」121話

 

五つ子ゲームファイナル。愛があれば分かるはずという姉妹たち。

 

 

121話感想

姉妹がそれぞれ自分が高校で、風太郎との生活の中で得た夢を形にしているのが良いですよね。勿論、一花のように成功したり、二乃や三玖のようにまだ途中だったりという違いはありますが、全て風太郎との関わりで得た大切な夢です。

 

やっぱり恋愛で勝った負けただけではなくて、このようにその物語からすこし経過した物語を見ることができると登場人物の成長と、今までの物語で得たものなどが分かって、読者としても泣いてしまうくらい嬉しいです。

 

そしてこの後も改めて書きますが、五つ子ゲームはやはり来たか、という感じですね。

予想していた人も多かったと思います。

 

四葉推しの私としては、髪が伸びて縛っている四葉が登場しただけで感動しましたし、さらりと「風太郎」呼びしていることに泣き、ピアス開けようとする四葉を見て愛でる表情になりと一話で色々と忙しかったです。

 

ピアス穴を開けたことがないのでその痛みは分からないのですが、やっぱり姉妹でわちゃわちゃしているのは和みますよね。

 

中には卒業式という学園もの定番のイベントをすっとばしたことに怒る人も居るそうですね。

個人的には物語を通して学校全体に働きかけるというよりは風太郎と姉妹の変化に終始していたので、むしろ結婚式まで飛ぶのは当たり前かな?と思ってしまいました。

 

残り一話。一週間正座して待機ですね。

 

結婚式で五つ子ゲームは大当たり

まぁ、これに関しては私以外の多くの人も予想していたと思います。

ウエディングドレスが大量にあるという情報は随分と前から公開されていましたので予想付きやすかったと思います。

 

結婚式と言えば、愛を誓う場所です。

今回マルオに対しては、「一人の女性を愛する」という誓いをしていましたが、別にマルオと風太郎が結婚するわけではないですしね。

やっぱりここはビシッと決めてほしいところ。

 

以前にも記事で書いた気がするのですが、ここからの展開は

四葉を当てる

四葉と共に他の姉妹も全員当ててみせる

③結局当てられない

の3パターンです。

 

①②なら真面目に、③ならギャグっぽく終わらせる感じだと考えていましたが、残り丸々一話分残っているとなると、③は無さそうかなと思います。

 

個人的には②のパターンだと結婚するのは四葉だが、他の姉妹のことも高校生活でのかけがえのない関わりを経て、愛をもって接していたんだなとなって嬉しいですね。

愛とは必ずしも恋愛感情とイコールではないですもんね。

 

学校祭の時に「誰を最初に見分けられるようになったか」という問いがあったのですが、大切なのは「最初に」という部分です。無関心ではなく、一つの物語として関わってきた今ならぜひとも風太郎には姉妹全員を見分けてほしいものです。

 

過去バレはあるか

 

過去バレに関しては今まではあるかなと思っていたのですが、今週の展開を見て無さそうかなと思いました。

 

学校祭の中で風太郎の過去は気にしない発言があり、回収されるかどうか怪しかった伏線ではありますが、やはり物語の根幹を成す重要な伏線なのでしっかり回収されるかなと思ってはいました。

 

しかし、完全に物語が前へ、未来へ進み始めた今、結婚式の直前でわざわざ「実は…」と過去の話をする必要はないですよね。むしろ未来へ物語が展開されつつあるのに過去の話を言われると興ざめに感じてしまうかも。

 

読者にとっては二人の過去は結ばれることを決定づけるような運命的なものでも、当の二人からしたらもう全く関係ないことなのかな、と。

ならば、ここは伏線回収していないじゃないかと騒ぎ立てるのではなく、読者が神の視点から「実は知っているぞ」とニヤニヤする程度が良いのではないかなと思います。

 

もちろん過去バレがあったらそれはそれで面白そうだとは思うんですけどね。

竹林とかが結婚式でスピーチみたいなことをして過去バレみたいな展開も考えれますね。あと一話丸々残ってますもんね。

 

まぁ、全てはねぎ先生のみぞ知る。最終話に期待ですね。

 

今週も私のブログを読んでいただきありがとうございます。

コメントや感想などブログ内でもTwitterでもお待ちしています。

 

【感想】五等分の花嫁119話

エンダァァァァァァァァアアア!

というわけで、どうもこんにちはいそです。

ようやく待ちに待った五等分の花嫁最新119話が更新されたので、そのあらすじと感想を書いていきたいと思います!

 

ネタバレあるので気をつけてくださいね。

 

前話の感想はこちらから!

 

isoisogingin.hatenablog.com

 

今回の目次になります!

 

 

119話あらすじ


f:id:isoisogingin:20200129005542j:image

「五等分の花嫁」119話

 

なんと今回は風太郎と四葉のデート回。

電車で二人、デートに向かう中、揺れのせいで四葉風太郎に壁ドンをすることに。


f:id:isoisogingin:20200129005533j:image

「五等分の花嫁」119話

 

二人とも、シチュエーションが逆なことに気まずくなります。

そんな中、風太郎は微妙な関係を終わらせようと、プランを考え、そしてリードしようと意気込むのでした。

 

風太郎の思い入れのある場所ということでファミレスに向かう二人。

しかし、そこにはさも当然のように見守る他の姉妹四人の姿も。

 

ファミレスデートということに対して、姉妹はそれぞれが各々の感想を述べる。

 

続いて二人は図書館へ。

そこで進路の話題になります。

 

進学が現実的になり、夢も明確になるのでは、という風太郎。

それに対して四葉は、誰かを支えることが合っていると言います。

 

小さい頃の夢は?と風太郎に訊かれて、躊躇い、そして忘れてしまったという四葉

風太郎は二乃の夢を聞いたことがあると、話し始めます。

 

しかし、そこで顔を赤くした二乃が二人の前に姿を見せてしまいます。

ここで四姉妹は見送る形になります。

 

風太郎があまり楽しめなかったかと謝ると、四葉風太郎とならどこでも楽しいと答えます。

 


f:id:isoisogingin:20200129005647j:image

「五等分の花嫁」119話

 

そして最後に来たのは公園です。

四葉と来たときから、この公園も風太郎にとって思い入れのある場所になっていたということですね。

 

そんな風太郎の想いに未だ躊躇う四葉

風太郎は一つの提案をします。

ブランコで四葉と同じ場所まで飛んでみせる。そして話したいことがある、と。

 

勢いをつけてブランコをこぐ風太郎ですが、勢いをつけすぎて鎖が千切れてしまい、風太郎は吹っ飛んでしまいます。

 

慌てて四葉が駆け寄ります。

 

そんな四葉に対して、風太郎は自分の想いを伝えねばと膝をつき、手を差し伸べて、

「好きです、結婚してください!」

と言います。

 


f:id:isoisogingin:20200129005720j:image

「五等分の花嫁」119話

 

それにはさすがの四葉も驚き、階段をすっ飛ばしすぎだと告げる。

早まってしまったと焦る風太郎に対して、四葉は続けます。

 

「付き合う前からそんなこと言われたら引きますよ!」

 

「私じゃなかったらの話ですけど!」

 

そして四葉は図書館では言えなかった自分の夢を言葉にするのです。

 

「お嫁さん、です」

 


f:id:isoisogingin:20200129005744j:image

「五等分の花嫁」119話

 

 

119話感想

一言で表現するならエモい以外の何物でもない最新119話感想をまとめていきます。

ポイントは風太郎のプロポーズと、四葉の夢なのですが、これらは後で改めて語るとして、この場では細かい部分の感想を語っていきます。

 

まぁ、話の数的にあったら嬉しいなと思っていた二人のデート回。

告白をすることは分かっていましたが、二人のデートと言えば勤労感謝ツアー以来で、個人的にはあの頃と同じように二人で歩き回っているのに、あんなことやこんなことがあったなと涙が出てくる思いでした。

 

初デートとは言え、以前の勤労感謝ツアーは四葉が行きたいところという感じだったので今回はその逆で風太郎が行きたいところとなっているのも面白かったです。

 

あと、このような二人きりのシチュエーションは尾行が居ることが定番ですが、隠れている他の姉妹も可愛かったですね。

 

では、ここからは先程挙げた二点についてまとめていきたいと思います。

 

風太郎のプロポーズ

 

はい、ということで思いを伝えようとしてプロポーズまでしてしまった風太郎。

その熱い想いは四葉に伝わり、無事これでお付き合いになりそうですね。

 


f:id:isoisogingin:20200129005821j:image
f:id:isoisogingin:20200129005826j:image
「五等分の花嫁」119話

 

まぁ、途中危うかったけどね。

狸に対して練習した甲斐がありました。

ようやく報われたね風太郎。

 

そこで四葉のこんなセリフがありますよね。

「私じゃなかったらの話ですけど」

この言葉は四葉の夢がお嫁さんだからというのもあると思うのですが私はこれを少しひねくれた方向に考えてしまっていて、四葉は何年も前から風太郎を好きで、好意を隠し、それでも鐘キスなど想いが溢れてしまっていると。

 

正直、四葉って重いですよね。

 

そんな四葉に対して、初手結婚まで飛ばすプロポーズはある意味では最適解だったのではないでしょうか。こんな言い方すると感動が薄れるかもしれないのですが、要は風太郎と四葉はお似合いだと言いたいのです。

 

まぁ、私はそんな子供っぽくも想いが重い四葉を推しているのですが。

なにはともあれ上手くいって良かった。

 

四葉の夢

 

これも私の以前の記事でも考察していましたが、ようやく四葉含めて姉妹全員の夢が決まりましたね。これはネットなど各所で囁かれていたように感じます。

 

isoisogingin.hatenablog.com

 

風太郎の姉妹全員に目標や夢を持って卒業してほしいというのもこれで達成されるわけです。いやはや、風太郎としてもその言葉を自分自身で実現する形になってしまいましたね。

 

こうやって夢が出そろった後だと、メタ的に夢が登場しただけで花嫁候補から外れる可能性があったのか、と戦々恐々としています。推理要素があり、このように綺麗に話が展開されているために、読み返すと「あっ」となる部分も多そうですね。

 

まぁ、四葉推しである私は全てを推しの勝利へと繋げられるのでいいんですけどね。

 

残りの展開は?

 

最後に残り展開ですが、もうあったとして3話くらいですかね。

 そうなると展開的にも色々と厳しそうなものがありそうです。

結婚式は確定で入るとして、過去バレやマルオに四葉をくださいと言うなど面白そうな展開も考えられますね。

 

個人的には過去バレが本当に行われるのか心配になってきたところです。

本人たちは既に結ばれた今、別に過去が明かされる必要は無いんですよね。

しかも、風太郎の過去に拘らないという発言もあった。

 

でも読者目線としてはせっかく伏線として物語の一つの軸でもあったのだから、しっかり回収してほしいという気持ちもあります。

 

過去のことを知ったうえで愛が深まるという素晴らしい展開を私は希望しておきます。

 

という感じで今回はこのような感じでおわります。

感想などございましたら、ここにコメントでも、Twitterでリプでもいただけるだけで嬉しいのでよろしくお願いします。