部屋の隅の埃

多忙でも趣味と金に生きる

MENU

【感想と考察】『僕の心のヤバイやつ』Karte.72「僕はチョコをもらった」【漫画】

 2021年6月1日にマンガクロス | 秋田書店の新作漫画が無料で読める! (mangacross.jp)『僕の心のヤバイやつ』最新72話「僕はチョコをもらった」が更新されたので感想と考察を書いていこうと思います。

 Twitterの告知では「バレンタイン不幸回」という文字がとても目に付き、気になって仕方ありませんでした。何が起こるんや??

 

 ちなみに前回の記事はこちらから。

isoisogingin.hatenablog.com

 

 最新5巻が7月8日に発売予定です。

 

 

 

Karte.72「僕はチョコをもらった」感想と考察

学生特有のバレンタインの空気感

 バレンタイン

バレンタインデー(英: Valentine's Day)、または聖バレンタインデー(せいバレンタインデー)・セイントバレンタインデー(英: St. Valentine's Day)は、キリスト教圏の祝いで主に欧米で、毎年2月14日に行われるカップルが愛を祝う日とされている。

 「Wikipedia」より引用

 このように誰のお祝いだとか、なにがめでたいとかそのようなものは置いておいて、バレンタインとは 「好きな人にチョコをあげる日」というのが一般的に普及しているイメージであろう。そして特に男子中学生のような思春期には少なからず異性を意識する人が多数であり、その分チョコの嬉しさが大きいものだ。近年では「友チョコ」や逆に男子から女子へのチョコを渡す文化など多様化しているのが分かるが、それでもその本質は変わらないだろう。

 しかし、陽が在れば陰が存在するように、チョコを貰える人が居ればチョコを貰えない人も居るのがこの世の常なのである。そしてチョコがもらえない側には「あるある」が存在し、その「あるある」ネタを踏み均すが如く尽く実行していくのが、今回は足立くんの役割であったと言える。義理チョコは企業の陰謀だと声高々に叫んだり、しかし配られた義理チョコには真っ先に飛びついたり、義理チョコのひょんな部分から本命チョコだと信じようとしたり。何はともあれ、チョコ1つで喜怒哀楽くるくるするのがかわいらしいような、昔の自分を思い出して恥ずかしいような気持ちになるのだ。


f:id:isoisogingin:20210601112558j:image

『僕の心のヤバイやつ』Karte.72 より

 

関根さんのチョコ事情

 さて、貰う側が居れば渡す側も居るのである。山田は廊下を歩き回り、ファンの 女子から沢山チョコを貰っていたが多くの女子は「渡す」側に居るのだろう。山田家のチョコ作りに参加していた関根さんも勿論そちら側で、市川の机の上にいくつかのチョコを置いてクラスの男子に対して「早い者勝ち」だと号令を鳴らすのだ。

 しかも市川に義理チョコを渡すために市川の机の上でチョコを広げたという策士ぶりだ。その様子をみた山田は関根さんのチョコを市川が食べるということに嫉妬し、市川からチョコを奪い取って食べてしまうのが何とも可愛らしく、全員が関根さんのような「ニヤリ」としてしまうだろう。

 そもそも関根さんは市川の気持ち、山田の気持ちを両方知っている立場であってその上で市川に義理とは言えチョコを渡してニヤけるあたり、相変わらずの強キャラ感である。


f:id:isoisogingin:20210601112610j:image

『僕の心のヤバイやつ』Karte.72 より

 

市川と山田のチョコ事情

 肝心の山田の方はというと、「チロルチョコ将棋」といういつもの2倍訳の分からないゲームを提案するのである。そしてルールの説明もないままゲームは始まり、訳も分からないまま山田の負けになったのである。かくして山田は市川に大量のチロルチョコを渡すことに成功したのだ。

 しかし、関根さんの「気持ちが伝わらなきゃ意味ない」という言葉や原さんがチョコを渡す現場を見た山田は市川の自転車の後ろに乗せてもらい、「バレンタイン」を終わらせないようにするのである。


f:id:isoisogingin:20210601112647j:image

 

 

原さんのチョコ事情

 

 しれっと、学校の裏でチョコを渡した原さんと受け取った神崎くん。読者目線としても山田同様の野次馬が出てしまいます。もう付き合ってるのかしら。


f:id:isoisogingin:20210601112619j:image

『僕の心のヤバイやつ』Karte.72 より

 

バレンタインに投稿された漫画からの考察 

  さて、2021年2月14日にのりお先生が投稿した市川と山田のバレンタイン回。山田が女子からチョコをもらうこと、関根さんが市川の机で義理チョコを配ること、帰り道が一緒になること、と最新72話と共通する部分がいくらか見られる。

 そうなれば次回のバレンタイン編の続きでは帰り道に市川が山田に対してチョコを渡すのかもしれない。関根さんも言っているように大切なのはチョコを渡す行為ではなく、その気持ちである。先にも述べたように渡すのが男子であっても問題はないのだ。

 しかし、一方で山田はチロルチョコ以外に本命チョコを作っている可能性があるのだ。前回71話で市川が山田から貰ったチョコには「キ」という文字が描かれていた。山田家でチョコ作りをする際に「ギリ」と描こうと女性陣がしていたことから、市川は「ギリ」の「キ」であるだろうと考えていた。しかし1コマだけであるがさらりと山田が型紙を切り取る描写があり、その文字は「ス」であるように見える。そう考えるなら、市川が貰った「キ」は「ギリ」の「キ」ではなく「スキ」の「キ」であることが考えられる。


f:id:isoisogingin:20210601112625j:image

『僕の心のヤバイやつ』Karte.71 より

 

 で、あるならば山田はバレンタインのために「ス」あるいは「スキ」と描かれたチョコを作っており、それを渡す勇気が出ずにチロルチョコを渡したと考えることも出来るだろう。それならば帰り道で山田の方から「まだ渡していないチョコ」を渡す可能性も考えられる。「好き」を伝えるのに勇気と体力が必要なのはよく分かる。だからこそ、次回の展開に期待したい。